アルバイトに求めすぎな職場で難癖つけられまくった話

アルバイトに求め過ぎな会社(ブラックバイト)の特徴として、時給がとにかく安い点が挙げられます。

「単純に時給が安ければ仕事が楽そうだと思いますよね?」

アルバイト求めすぎ
時給1000円しかないけど、ラクそうな仕事だ(棒読み)

ですが、短期アルバイト(ほぼ最低賃金)に応募。そして採用となったまでは良かったのですが、入社してみると、以下のようなアルバイトに求め過ぎな職場に当たってしまいました。

  • 事前説明なしで叱責
  • 細かい所で難癖をつけてくる
  • 明確な証拠なしにミスしたと責めてくる

その結果、2週間足らずで退職へと追いやられました。(今振り返ると抗議すべきだった)

どこまで条件面に折り合いをつけるのかは、難しいところではあります。しかしながら、妥協すると今回のようなケースになるので、注意が必要です。

アルバイトだから楽だと思ってたのに・・・

ピッキングといえば伝票を見つつ、対象の商品を集めてくる仕事。

なので、数量や商品自体を間違いなければ、無難にできるはずでした。

それがこの職場ときたら、「検品する人のことを考えて、商品を一つにまとめろ」とか言ってきたんです。

もちろん、あからさまに乱雑に置かれているのは配慮が足らないとは思います。

しかしながら、そんなことやってたら単純に時間がかかってしまうし、正確性とスピード命のピッキング業務が聞いて呆れます。

しかも、このピッキングとは全く関係ないことで、長々と注意してきて非常にうんざり。

「なんで最低賃金かつ直接関係ないことで、こんな目に遭わなきゃならないの?」って思わずにはいられません。

できることなら、期間まで勤めたかった。けれど、本来の業務とは関係ないことで、文句を言われるのが納得いかず、直接退職の旨を伝えました。

アルバイトの最低賃金は安く買い叩かれる可能性あり

経験上、間違いなく傾向はあります。

対策としては最初から候補に入れるべきではないその一点につきますね。

未然に防ぐ方法として以下が考えられます。

  1. 仕事の風景を見せてもらうべきだった
  2. そもそも、仕事を妥協で選ぶべきでない

しいて挙げるとすれば、この二点でしょう。求人広告の内容も改めて確認しましたが、ただ『ピッキング』って記載されているだけで、あきらかに説明不足です。

アルバイト求めすぎな会社への対策

  1. 働き方を変える
  2. 高時給の仕事を探す

順番に解説します。

働き方を変える

ここでは実体験をもとにWebライターについて、ご紹介します。

クラウドソーシングといって、ネット上に案件が募集されていて提案して採用されればお仕事開始になります。業務委託をイメージしていただくと分かりやすいです。提案が通らなければ収入はゼロというデメリットはありますが、その分、自身で嫌な仕事は回避できますし、場所を選ばない働き方が可能なため、人間関係によるストレスから回避できるメリット大!まずは副業感覚で始められることを推奨します。

詳しい内容は下記の記事をご覧ください。

参考記事:Webライターがきつい理由を6年目が解説します【2022年版】

高時給の仕事を探す

ピッキングは比較的楽な仕事ではあるのですが、労働条件によっては安く買い叩かれてしまう傾向があります。

個人的にきついなと感じるのは、キャリアの視点です。

そもそもピッキングの求人自体、あんまりないです。あっても近所でピッキング作業の求人は、あまりなかったのではないでしょうか?

単にアルバイトとしてならともかく、正社員やキャリアを広げていきたいと考えている場合、たとえばフォークリフトの免許などを取得する必要が出てきます。

何より時給が安いのも懸念材料です。そこで雇用形態は変わってしまいますが、低賃金バイトで搾取されてしまうぐらいなら高時給の派遣で求人を探す方法もあります。

あわせて読みたい:期間工で同一労働同一賃金なら日総工産がオススメな理由

まとめ

繰り返すようですが、妥協して仕事を選んだことがブラックバイトな職場を引き当ててしまいました。

よく高時給だと仕事がきついだの、裏があるとか言われりします。だからと言って、最低賃金で自らを貶めるのも、可能な限り避けてください。

つくづく焦って仕事探しすると、ロクなことになりませんね。そうならないよう、上記でご紹介した業務委託や雇用形態を変えて状況を好転させるキッカケになれば幸いです!

最新情報をチェックしよう!